2014年06月01日

【ヨガ体験談】2014年6月号

taiken_14_6-1.jpg
◆元マタニティ→産後ヨガクラス◆ M.H.
 私がヨガと出会ったのは、お世話になっていた岡村産婦人科でした。残念ながらその時は岡村産婦人科では応募人数が少なく、富雄教室で受講することになったのですが、この富雄教室で、お友達も出来て、奈良に引っ越して間のない私にはとても安心できる場所が出来たのです。出産時、前駆陣痛が長く夜中に突然の陣痛に見舞われパニックになったのですが、そんな時ヨガの呼吸法を思い出し、病院に到着後は、初産にもかかわらず五時間という安産となりました。産後の回復も良かったように感じます。その後、産後ヨガに入りました。娘を託児所に預けることが不安だったのですが、娘は、今も託児所シャロームさんが大好きなようで安心して預けられます。ヨガに復帰してからは、辛かった肩こりもとれ、心身ともに健康になったように思います。そして何より中田ヨガ教室の雰囲気が良いこと、友人も出来て楽しく安心して通えることが嬉しいです。私にとって中田ヨガとの出会いは、奈良での生活を楽しいものにしてくれました。本当にありがとうございます。これからも末永くよろしくお願いたします。

taiken_14_6-2.jpg

◆元マタニティ→産後ヨガクラス◆ Y.M.
 体調を整えることだけでなく、精神的な意味でも出産に備えて準備しておきたいと考えていた私には、ヨガはピッタリでした。冷え性を改善するために、以前ヨガの経験があったものの月日がたち、ちゃんとポーズができるのか不安でしたが、全く問題なく楽しくマタニティヨガに参加することができました。冷え性と腰痛持ちの私は、これからずっと出産までの間腰痛がひどくなるかと思うと憂鬱でした。腰痛が良くなるように安定期に入ってからすぐヨガを始めましたが、臨月の1ヶ月前から週2回の強化コースに入り、家でも毎日10分くらいのヨガをすることで、なんと出産までひどい腰痛が嘘のようになくなり驚きました。他の妊婦さんの体験談から呼吸法が出産時にとても役立つと聞いていたので呼吸法も実践して「出産当日までにできる準備を自分は十分している」という安心感があり、精神的にもヨガはプラスでした。現在、出産後に授乳と抱っこばかりしているために、腰痛と肩こりを感じるようになり、また産後ヨガに参加しています。おかげさまで体調も今は良く、6カ月になる娘の育児を楽しくしています。taiken_14_6-3.jpg

◆一般ヨガクラス◆ K.K.
 昨年の2月に股関節の手術を受けました。手術前に医師から、術後は支障なく今の生活が維持できると聞いてはいましたが不安でした。術後半年して、かなり動けるようになった時、自分もこれなら以前練習した逆立ちのポーズが出来るかもしれない、と思えるようになりました。手術前リハビリの先生から「ヨガをしている人は、ヨガは激しい運動じゃないけど必要な筋肉がついてくる」と言われたことも励みになりました。「一年後に逆立ち再開」と自分の中に目標が出来て、とりあえず歩くことから始めました。一年二か月後、教室に復帰した時、恐る恐る逆立ちのポーズをしてみると、案外すんなり出来たので心から嬉しかったです。ヨガのお蔭で自分なりの目標を持ち、リハビリも頑張れたのだと思います。してはいけないポーズもあるのですが、「8割しか出来ない」でなく、「8割も出来る」ことに感謝してヨガを続けていきたいです。ちなみにヨガ歴は約10年になります。
posted by nakata at 02:00| Comment(0) | ヨガ体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。