2013年04月09日

【ヨガ体験談】2013年4月号

taiken_13_4-1.jpg

◆産後ヨガクラス◆ M.M.
 ヨガを始めたのは、肩こりと腰痛が良くなればと思ったからです。
当初は効果を感じられなかったのですが、しばらくすると楽になっていることに気が付き生理不順も改善されていました。
その後妊娠してマタニティヨガへ。
そこで出産時の呼吸法も教えてもらえ、毎日ポーズとともに練習し本番を迎えました。
結果は子宮口も柔らかく呼吸も上手に出来ていると助産師さんに誉められ、また陣痛が始まった時に呼吸に意識をもっていったことにより、痛みに耐えられ無事に出産でき安産でした。
しかし出産後の体調は最悪な状態でした。
慣れない育児で精神的にも体力的にも限界になりました。
一番つらかったのは出産直後から始まっためまいでした。
一日に何度も起こり、子供を抱っこしてあやしている時にも何度もありました。
このままでは自分にも子供にも良くないと思い産後ヨガへ。
現在は体調も良くなり、めまいもしなくなりました。これからも続けていきたいと思います。

taiken_13_4-2.jpg

◆元マタニティヨガ→産後ヨガクラス◆ A.H.
 妊娠8か月から予定日直前まで週2回のクラスへ参加しました。
産休まで仕事をしていたこともあり運動不足の解消と安産を期待していたのですが効果絶大でした。
予定日の2日後に陣痛ではなく少量の破水があり入院しました。
一人目が丸一日かかったこともあって、まだまだと思いのんびりと構えていたのですが3時間後に陣痛が始まり、いよいよ長く苦しい道のりが…と思い覚悟していました。
しかし予想に反して、あっという間に子宮口が全壊し分娩へ。
自然にヨガで学んだ呼吸法を実践でき、助産師さんに誉められました。
そして練習を重ねていた『あごを上げずにお腹を見る姿勢』のお蔭で2回目のいきみで無事出産できました。
立ち会った主人も私自身もあまりの安産で驚きました。
一人目の時も通っていたかったと思うほどです。
本当に感謝しています。
産後も3か月から通い始めました。
日々体に良いと感じています。習い事はあまり続かないのですが、ヨガは続けていきたいと思います。

taiken_13_4-3.jpg

◆一般ヨガクラス◆ K.Y.
 ヨガを始めて一年です。
二年前の春、突然鉛のような体のだるさ、微熱が続きわずか10日あまりで体重が10kgも減少。
病院で検査するも「異常はない。出す薬がない。」と言われ愕然としました。
漢方、お灸、自然治癒の病院を紹介され治療を受け徐々に良くなりましたが、なかなか体の冷え、交感神経の緊張がとれず途方に暮れていました。
そんな時、ヨガ教室のチラシを見てわらにもすがる思いで入会しました。
少しずつ気だるさが和らぎ7か月目に入ったころ病院の先生から「やっとお腹の冷えがとれたね」と言われ、あれだけ苦しんだ体の気だるさから解放されました。
ヨガは人と競争するのではなく自分の出来る範囲で行えることが、私にとってはとてもリラックスできました。
辛い日もありますが、朝・晩のヨガ欠かさず今日の元気、明日の元気を信じて自分なりに取り組んでいます。二年・三年後を楽しみにこれからもボチボチですが毎日続けていきたいです。

posted by nakata at 22:27| Comment(0) | ヨガ体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。