2010年10月01日

【特集】タイムマネジメントの具体的な実践法

@ 自分の時間の使い方を細かく分析する。(タイムスタディ)
睡眠、通勤、仕事、食事、休憩、テレビやゲーム、学習などの自己啓発、運動、コミュニケーション、趣味などのライフワークという項目でメモに書き出してみます。
そして、それを見ながら以下のPOINT をチェックします。

・ 余計なことに時間をかけすぎていないか?
・ やるべきことに時間を十分とっているか?
・ 自由に使える時間は、どれだけとれるか?

テレビの観すぎ、休憩のしすぎ、眠りすぎというようにたとえ必要な時間でも「とりすぎ」てないかをチェックして気づくことです。
あなたは何に必要以上に時間をかけていますか?
その結果、本当に自分のために使える大切な時間は意外に少ない。
使える時間はあまりないと気づきます。

A 手帳を活用して自分の目標を書く
自分にあった手帳を購入して自分の目標を実現するためのツールにします。
大きな目標や毎日の行動を書き出します。
大切なことは「今日何をするべきか」なのです。
これを手帳に書き出します。
小さな具体的な行動を書き出すのです。
そのためには、一日のやるべきこととあわせて、1 週間単位のやるべきことも準備します。
それをすることにより、広い視野で物事を考える力がつきます。

B やり終えたことをチェックする
やり終えたらチェックし、○や×でマークをしましょう。
行動をチェック付けすることで達成感を感じることができます。

「飽きっぽくて続かない」という人は、実は続ける方法を知らない場合があります。
うまくいかない現状をつい、他人や環境のせいにしがちですが、紙に書き出すことにより、早く冷静になって考えることができます。
また、つい用事でスケジュールを埋めてしまいがちですが、タイムマネジメントの中で一人でくつろぐ時間を持つことが大事です。
良いアイデアはくつろぎの中から生まれます。
ヨガで、心身ともにリラックスする時間を持つことができ、日々の生活の中にヨガの時間を取り入れることは、自分自身の健康への投資とともに、タイムマネジメントへと、つながっていくのです。

← 『タイムマネジメント「時間の使い方」を知ろう』 へ戻る

time_is.png
posted by nakata at 01:30| Comment(0) | 特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。