2013年04月09日

【お知らせ】富雄でニュークラスオープン予定 参加者募集!

中田ヨガ整美クラブのHPどんどんアクセスして下さい!
(「奈良 中田ヨガ」で検索できます。)

★産後の回復に向かう産後託児付ヨガは、金曜12時15〜13時半 (産後3ヶ月〜)
産前、産後はホルモンの分泌が盛んになり、骨盤がズレたり歪んだりしやすい時期。産後の腰痛や肥満、精神的不安、緊張などを和らげていくコースです。
(託児が必要な方は、安心な提携の託児所をご利用いただけます。割安な提携料金です)


★冷えやむくみなどを改善、血液の流れをよくするリンパヨガは、火曜10時半〜11時45分
初めての方からでも無理なくできます。フェイシャルマッサージなどを入れて、冷え性の方に最適!
全身ひきしめ効果もアップのコース。


体験料は1000円。 その他、学園前、西大寺教室でも体験者募集中!
お気軽にお問い合わせください。
※上記は4名以上でオープン予定です。
posted by nakata at 23:07| Comment(0) | 新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ヨガ体験談】2013年4月号

taiken_13_4-1.jpg

◆産後ヨガクラス◆ M.M.
 ヨガを始めたのは、肩こりと腰痛が良くなればと思ったからです。
当初は効果を感じられなかったのですが、しばらくすると楽になっていることに気が付き生理不順も改善されていました。
その後妊娠してマタニティヨガへ。
そこで出産時の呼吸法も教えてもらえ、毎日ポーズとともに練習し本番を迎えました。
結果は子宮口も柔らかく呼吸も上手に出来ていると助産師さんに誉められ、また陣痛が始まった時に呼吸に意識をもっていったことにより、痛みに耐えられ無事に出産でき安産でした。
しかし出産後の体調は最悪な状態でした。
慣れない育児で精神的にも体力的にも限界になりました。
一番つらかったのは出産直後から始まっためまいでした。
一日に何度も起こり、子供を抱っこしてあやしている時にも何度もありました。
このままでは自分にも子供にも良くないと思い産後ヨガへ。
現在は体調も良くなり、めまいもしなくなりました。これからも続けていきたいと思います。

taiken_13_4-2.jpg

◆元マタニティヨガ→産後ヨガクラス◆ A.H.
 妊娠8か月から予定日直前まで週2回のクラスへ参加しました。
産休まで仕事をしていたこともあり運動不足の解消と安産を期待していたのですが効果絶大でした。
予定日の2日後に陣痛ではなく少量の破水があり入院しました。
一人目が丸一日かかったこともあって、まだまだと思いのんびりと構えていたのですが3時間後に陣痛が始まり、いよいよ長く苦しい道のりが…と思い覚悟していました。
しかし予想に反して、あっという間に子宮口が全壊し分娩へ。
自然にヨガで学んだ呼吸法を実践でき、助産師さんに誉められました。
そして練習を重ねていた『あごを上げずにお腹を見る姿勢』のお蔭で2回目のいきみで無事出産できました。
立ち会った主人も私自身もあまりの安産で驚きました。
一人目の時も通っていたかったと思うほどです。
本当に感謝しています。
産後も3か月から通い始めました。
日々体に良いと感じています。習い事はあまり続かないのですが、ヨガは続けていきたいと思います。

taiken_13_4-3.jpg

◆一般ヨガクラス◆ K.Y.
 ヨガを始めて一年です。
二年前の春、突然鉛のような体のだるさ、微熱が続きわずか10日あまりで体重が10kgも減少。
病院で検査するも「異常はない。出す薬がない。」と言われ愕然としました。
漢方、お灸、自然治癒の病院を紹介され治療を受け徐々に良くなりましたが、なかなか体の冷え、交感神経の緊張がとれず途方に暮れていました。
そんな時、ヨガ教室のチラシを見てわらにもすがる思いで入会しました。
少しずつ気だるさが和らぎ7か月目に入ったころ病院の先生から「やっとお腹の冷えがとれたね」と言われ、あれだけ苦しんだ体の気だるさから解放されました。
ヨガは人と競争するのではなく自分の出来る範囲で行えることが、私にとってはとてもリラックスできました。
辛い日もありますが、朝・晩のヨガ欠かさず今日の元気、明日の元気を信じて自分なりに取り組んでいます。二年・三年後を楽しみにこれからもボチボチですが毎日続けていきたいです。

posted by nakata at 22:27| Comment(0) | ヨガ体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特集】「心の法則」で幸せに!〜イメージ力(瞑想法)

 心やイメージの力は、とても強いものです。
特に神経が繊細な人ほど、思い込みの自己暗示で心と身体に不調をきたしやすくなります。
(自分の能力には限界があり、自分はこんなことはできないのだ)という逆の意味での催眠術にかかって、本来の力が発揮できないのです。
努力逆転の法則という、どんなに努力しても潜在意識で(どうせダメだろう)とイメージすることで必ず失敗するという怖い法則があります。
潜在意識は映像的なイメージを中心に出来ていて、イメージする本人を支配してしまい怖れや不安など否定的なイメージがあると、その通りになってしまうのです。
意志力とイメージが相反した場合、イメージが勝ってしまいます。
ですから前向きで肯定的な喜び『快なるイメージ』が非常に大切なのです。
意志の願いとイメージが一つになることで『強力なパワーを発揮』できるわけです。
未来は自分の心一つ、イメージ次第なのです。

■瞑想で心身を調える
心がどう思うか、どうイメージするかによって人生は変わり始めます。
今回は瞑想法によりイメージ力を高めていきます。
瞑想の仕方はいろいろありますが、幸福瞑想法としまして「自分はこうありたい、嬉しく快感で楽しいイメージを目標として集中的に見る(瞑想していきます)」。
すると自ずとそれに近づいていくのです。
瞑想は睡眠と同じく、首・背中がリラックスした姿勢で脳を安定させアルファ波を出させて夢見るような意識にさせます。
瞑想というと難しく捉えられがちですが、今の生活から離れる、頭を切り離すということです。
静かな時間をとり、まず基本スタイルでは結跏趺座やあぐらを組んで背中を伸ばしながら行います(慣れてくれば、スタイルはこだわりません。リラックスした状態でできます)。
目を閉じて呼吸を調え深い呼吸を繰り返します。
ヒーリング音楽を聴きながらでもよいので、なりたい自分をイメージしたり過去の楽しい想い出を思い浮かべてみましょう。
5〜10分のほんの少しの時間でも構いません。
色や景色など自分が喜ぶ幸福なイメージをどんどん取り入れてみましょう。
心が乱れた時やあまり疲れている時はしない方がよいでしょう。
瞑想は比較的心が安定して穏やかな時に行います。
すると集中できて、良いイメージや直感力を持てるようになります。

■何かに夢中になろう
前号で、忙しいことは心を亡くすこと、と述べました。
どんなに忙しくても起きているときに何かに夢中になれれば、心は体を抜け出して満足することができます。そして眠っているときに、その体を休め心は夢の中で癒されます。
仕事でも家事でも趣味でも何でもいいので夢中になれるものがあれば、心は疲れないだけでなく自然と深い眠りにつけるようになります。
ポイントは、何事も“苦しみながら”ではなく“楽しみながら”する、ということ。
それが難しければ、少しでもそうなれる努力をしてみましょう。

■無限のパワーで自己実現へ!
私たちの心は否定的になりやすいものです。
そんな時に忘れてならないキーワードは
・自分を『信じる』こと ・『受け入れる』こと ・『肯定する』こと
これらによって、無限の力が湧いてきて自己実現へとつながってくるのです。
否定的だと感じたら瞑想し、自分に自信を持ち、肯定し、あきらめない、そして、そういう気持ちを持続しましょう。
ヨガのポーズをとる時もポーズの持つイメージと、痛気持ちよい所またはそのポーズにあたるツボに集中させることで心身を調和させていきます。

思い立ったら吉日で、まず実行してみてください。
そしてやる気を出した自分を評価し、実行までした自分を褒めてあげましょう。
たとえできなくても『心の方向をそちらへ向ける』努力をしたのですから、それだけでも効果があったということになります。


study.png
「キムチナゲット」−カンタン発酵食品で花粉症をぶっ飛ばそう!ー

【材料】キムチ…150g 豚肉…300g ★卵…1個 ★片栗粉…70g
キムチ・豚肉を粗みじん切りし(フードプロセッサを使うと簡単です)
★を混ぜ、160℃の油にスプーンですくって揚げるだけ!


※おつまみやおやつにピッタリ!熱を加えるので辛みも飛び、お子様にも喜ばれます。
キムチは発酵食品なのでデトックス(体内に溜まっている毒素を出す)に最高です。
また唐辛子、ニンニク、山椒、生姜、ゴマを使用しており、唐辛子以外は抗酸化作用を持つ成分を含んでいます。
illust_naget.jpg
posted by nakata at 22:09| Comment(0) | 特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ヨガのポーズ】カエルのポーズ(ベーカ アサナ)偏平足・猫背・土踏まずを矯正!

 ベーカはインド語でカエルの意味です。
うつぶせからひざを折り曲げ両手で両足先をつかみ、ひざは腰幅に開く。
吐きながら両ひじに力をいれて両足先をお尻の外側に床へ押し下げながら上体を上へ反らせる。
腹部が床に押し付けられるので腹部内臓の調子が整い、ひざ関節の痛みをとりのぞく。
手で足を押さえつける事により足首を強化しカカトが柔軟になり偏平足や猫背も矯正していきます。
(このポーズは特に股関節が柔軟でないとしずらいので練習が必要です。トライしたい人はまずはクラスへご参加して下さい。)

pose_frog.jpg

【効 能】
偏平足・猫背・土踏まずを矯正します
posted by nakata at 22:00| Comment(0) | ヨガのポーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。