2012年07月02日

【お知らせ】中田ヨガ整美クラブのHPがリニューアル&新クラス開講

★中田ヨガ整美クラブのHPがリニューアルしました!
(どんどんアクセスして下さい。「奈良 中田ヨガ」で検索できます。)

★NEW クラス案内 参加者募集!
*富雄、土曜クラス (スタジオ ロータス)
AM10:00〜11:15 第1.3 (初級)
月1回 ¥2,000  月2回 ¥3,500
○ ストレス疲れを週末発散させて週明け快適に活動できるようにしていきましょう!

*あやめ池、木曜クラス(自然派レストラン Natura Natura)
AM10:30〜11:45 月1回〜4回 ヨガレッスン+(相乗効果のあるティー&ダイエットケーキ付)
料金は回数によって異なります。(詳しくはHP参照)
○ おしゃれなレストランであやめ池を眺めながらレッスンを楽しみませんか? 

*富雄火曜、木曜 クラス (リンパヨガ)
火曜、AM10:30〜11:45  木曜、PM19:00〜20:15
○ リンパストレッチで刺激して血液やリンパの流れをよくし、冷え、むくみ、たるみなどを改善していきましょう!
フェイシャルマッサージなどを入れて美顔、アンチエイジング効果も高まります。(2012年7月号掲載)  
ラベル:ヨガ
posted by nakata at 00:07| Comment(0) | 新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ヨガ体験談】2012年7月号

taiken_neko1207.png
(一般ヨガクラス) I.T
3階マンションの扉を開けると、アロマの香りと音楽の流れる場所に着きます。日常の忙しさや雑念から開放してくれる心のスイッチを切り替えてくれる空間です。昨年の一月、長い看護の後、姑が天国に召された後の私は心身の疲れ、自分を省みることが出来ない状態でヨガに出会いました。週一回基本ポーズをやさしく、繰り返し教えていただく中で、「ヨガは他人と比較するものではなく、自分に向けていくことが大事。」というお言葉でよりいっそう自分の体と向き合うことができました。
 基本のメニューの中から自分の体に必要なポーズを時間のない時は台所でしながら、田舎の草むしりの合間に無理をすることなく自然に続けているうちに、いつの間にか肩や腰の痛みが自然のうちに消えていました。気が滅入ったり、食欲のない時は呼吸法で心身を整えることを学びました。体の続く限り10年後、20年後の自分の変化を楽しみながらこれからもヨガを続けていきます。よろしくご指導くださいますようお願いいたします。
taiken_kei1_1207.png
(一般ヨガクラス) K.Y
 きっかけは、娘から「私の代わりにヨガ体験してきて」と言われた事でした。心地よい音楽、アロマの香りで1点1点ポーズの効能を先生が説明して下さり、ますますヨガにはまっていき、ヨガの素晴らしさを会社の同僚に話し、気がつけば5人の方をヨガにお誘いしていました。レッスンを受けるたびに体調がよくなりました。
 私は、誰でも6ヶ月するとヨガの最高のポーズ「逆立ち」が出来ると思っていました。ところが、何度挑戦しても背中が曲がり出来ずに諦めていたとき、先生がスキのポーズを勧めて下さり毎日毎日練習して2年がたつ頃、逆立ち練習の機会に私も参加して、やっと先生が支えて下さったら出来るようになりました。ヨガを習って2年6ヶ月、ようやく一人で逆立ちが出来るようになり、嬉しく思います。逆立ちが出来るようになった頃、不思議なことに嬉しい変化があり、健康診断で悪化しつつあった肝臓、コレステロールが平常値になっていました。日常生活にヨガを取り入れていると、心が動じなく豊かな気持ちになり、自然の恵み、空気を深め食を慎みながらヨガを続けていきます。
taiken_kei2_1207.png
(元マタニティクラス)M.K
 妊娠中期に入り運動不足となり、何か始めようと思った処、中田ヨガを知った。初めてのヨガは体が伸びて気持ち良く、すぐに定期的に通うことを決めた。それ以降、出産間際まで週2回のヨガ通いは、心身共にリラックス出来る時間となり、また同じ妊婦さんとの情報交換の場ともなった。「妊婦なのにこんな体勢とって良いの?」と思うポーズがいくつもあった。しかし、先生はどこに効果があるのか説明してくれ、その体勢は決して体が負担を感じるものではなく、日頃使わない体が伸び心地良く感じた。自宅では、先生から指導された「10分プログラム」と教室で習って心地良かったポーズややりにくかったポーズを実践。その効果は肩こりや腰痛の軽減として現れた。そして何よりも効果を感じたのは、呼吸法。臨月となってからは、この呼吸法も毎日練習。「出産時、この呼吸法をどのくらい実践できるだろうか?」と不安であったが、毎日の練習は「いざ出産!」となった時、慌てる事なく実践でき、もの凄い力を発揮してくれた。明け方に陣痛が始まったが、あれよという間に進行し、約4時間でのスピード出産。股関節の開きも良く、また呼吸法が上手だと助産師や先生から褒められた。私自身も、想像していた出産より痛みも苦痛も少なくすんだ事に驚いた。
 初めての妊娠・出産は、ヨガを実践することで心地良く、心身ともに安定して過ごすことができ、そして何よりも出産を辛いものと感じなかった事が、私にとって大きな経験になった。
taiken_img1207.png
ラベル:体験談
posted by nakata at 00:03| Comment(0) | ヨガ体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

【特集】「心の法則」で幸せに!〜Part2 ストレスマネジメント

 ストレスを感じるときはどんなときですか?仕事面でもストレスはありますが、人間関係の摩擦によるストレスも多くなっています。何かの形で、このストレスを上手に抜くことが出来なければ、病気になってしまうこともあります。
 ストレスがたまると交感神経が優位になり、体温が下がり、体が硬くなり、呼吸も浅くなります。心理面でも気分がイライラし、怒りっぽくなり、活動量が多すぎてやせ細るか、食べ過ぎて肥満へとつながります。ストレスをためない最初の防波堤は、体を動かすことで血流を回復させ、体中から熱を生じさせることです。
 ヨガの呼吸法やポーズで、まずは、体を柔軟にして副交感神経を優位にさせて呼吸を深めていきましょう。呼吸と姿勢が整えば、イライラ感がぬけてきて安定感につながります。すると冷静に物事を考えられるようになり、何が正しくて、そして誤っているのかの分別がわかるようになります。
 まずは、以下の”Study”に紹介している初心者でもできる修法”数息観(すそくかん)”を行い、心を穏やかにしていきましょう。
tokusyuu07_img.png

■ストレスの原因
 人間関係から生じるストレスは、他人を理解できない、受け入れられないところから生じます。その人間関係でストレスをため込んでいる人は「ものの見方」に問題があります。『物事を見るときの見方や感じ方は本当に人それぞれであり、誰もがまったく同じではない。』ということで、「いろいろな見方がある。」ということを受け入れて、それを知ることが「認識力」とか「寛容さ」「包容力」につながっていくのです。ところが、「自分の見方が全て」であり、「それ以外の見方は無い」のだとすると、ストレスへとつながっていくのです。

■ストレスをマネジメントする方法
 基本的には、『他人の長所や良いところを見るという努力をしよう』と心の中で決めます。決めたならば、意外に努力をすることができるものです。まずは、「そうしよう!」と思えば、決意したとおりになっていくものなのです。
「自分のやりたいことが出来ないとき」「人の価値観に無理して合わせているとき」もストレスを感じる原因です。つまり、自分が価値を感じない事に時間や労力をかけているときに人はストレスを感じます。解消するためには、
 @ まず、自分がどういうストレスで苦しんでいるのかをハッキリさせる。
 A 自分がやりたいこと、価値を置いていることは何かを考えてみる。
 B 本当はどうしたいのかを認識する。
 C 「今できる事」の中で「すべきこと(優先させること)」は何かを考える。
 D 「今すべきこと」に集中する。
ことが大事です。
 上記の@〜Dの実践で、自分だけの狭い価値観にあわせるのではなく、自分の人生を自分で決めていけるようになります。『人生の目標を決めればストレスは軽減します。』
 そして、それをよい方向(目標)に向けてエネルギーをどんどん使っていきましょう。
「必要なときに、必要なところに、必要なだけエネルギーを使う」
これは、タイムマネジメント(時間の使い方)にもつながっていくことです。

★Study:「数息観〜すそくかん〜」−心がよく乱れる人の修法ー
 いろいろなことに心が散ってしょうがない、雑念ばかり浮かんで集中できない人によい修法です。吸う息、吐く息を「一、二、三、四・・・」と数えていくわけです。順番に数えながら、深呼吸をずっと続けていきます。こうしていくうちにだんだん心が穏やかになってきます。これは、基本的に誰でもできる修法です。
 五十、百と数えていくうちに、おそらく心がまったく穏やかになってくるでしょう。数に心を集中して、他の事に念いを向けないようにするのです。そうすれば雑念を経つことができます。他のことを考えていると数を忘れてしまい数えられなくなるからです。(2012年7月号掲載)
ラベル:ストレス ヨガ
posted by nakata at 23:48| Comment(0) | 特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ヨガのポーズ】うさぎのポーズ(サザンガ アーサナ)眼精疲労・アレルギー性鼻炎・扁桃腺の腫れを改善!

正座からおでこの上部を床につけ、首頭が床と垂直になるところまで、お尻を持ち上げ、両手を組んで腕を伸ばしていく。
腰から背中、えり首がグーンと伸びるのを意識します。
額とひざは出来るだけ近づける。(20秒〜30秒保つ。)
ポーズ後は急に頭を上げないで、正座から前屈のまましばらく息を整える。
頭を立てることにより、頭部の血行をよくし、頭痛、鼻づまり、不眠などによく、腕を持ち上げ伸ばすことにより、首肩こりをやわらげます。
花粉症や眼精疲労にも効果的。
(2012年7月号掲載)

usagi.png

【効 能】
眼精疲労・アレルギー性鼻炎・扁桃腺の腫れを改善します
ラベル:ポーズ ヨガ
posted by nakata at 23:42| Comment(0) | ヨガのポーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。