2012年06月04日

【お知らせ】あやめ池&富雄で癒しのYOGA、6月にNEWオープン!

気(エネルギー)やリンパ、血液の流れをスムーズにして、骨盤修正法をとり入れた中田ヨガでは、季節の移り変わりや心身の変化から生じるさまざまなストレスを発散させ自然体に戻していく。

◆あやめ池クラス
場所:自然派レストラン「Natura.Natura」(ナトューラ・ナトューラ)
   (近鉄あやめ池駅、北側徒歩3分)
日時:木曜 10時30分〜11時45分
レッスン料:
月1回・ヨガ(¥2,000)+ドリンク&デザート(¥750)→¥2,750
月2回・ヨガ(¥3,500)+ドリンク&デザート(¥1,500)→¥5,000
月3回・ヨガ(¥5,250)+ドリンク&デザート(¥2,250)→¥7,500
月4回・ヨガ(¥7,000)+ドリンク&デザート(¥3,000)→¥10,000
(レッスン後のドリンク&デザートは相乗効果を高めるティーとダイエットケーキセット)

◆富雄クラス
場所:近鉄富雄駅、南側から徒歩1分 マンション木村302号
日時:土曜 10時〜11時15分
レッスン料:
月1回¥2,000・月2回¥3,500・月3回¥5,250・月4回¥7,000

いずれのコースも入会金は無料。体験OK!その他の教室は、学園前、西大寺に各スタジオ有り。マタニティヨガや産後ヨガ、夜クラスも募集!(富雄、生駒にて)

詳しくは「中田ヨガ整美クラブ」
TEL090-4303-4187(不在時は留守電に伝言ください。)
HP:http://web1.kcn.jp/nakata-yoga/
ラベル:生徒募集
posted by nakata at 10:36| Comment(0) | 新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ヨガ体験談】2010年5月号

ヨガ体験談猫
(一般ヨガクラス) T.T
肩こり、腰痛、生理痛など、病気ではないのだけれど体調がすぐれない、そんな毎日でしたが、中田先生のヨガに出会い、はや二年、今ではすっかり元気になりました。
はじめは体を動かすだけで精一杯でしたが、次第にここが気持ちいいなとか、このポーズが必要だなとか感じることが出来るようになり、心と体が安定していくのを実感しています。
ひどかった生理痛も改善され、心身ともに「落ち込みすぎる」と言うことがなくなりました。おかげで、毎日元気で楽しいです。今では毎日欠かさず自宅でもヨガに励んでいます。簡単なポーズでも、自分に必要なポーズを毎日とることで心身の調子がよくなり、快適に過ごせることを体が実感しているので、無理なくヨガに取り組むことが出来ています。
ヨガは私にとって自分自身と向き合う大切な時間です。これからも、無理せず焦らずマイペースでヨガを続けたいです。

(産後託児付クラス) H.M
中田ヨガに入会して、もうすぐ3年になります。
最初は、一般クラスから入り、続いてマタニティ、産後ヨガと、これまでに3つのクラスを受講しています。一般クラスの時は、ヨガを始めたばかりでポーズもきつく、ヨガの1時間半がしんどいな〜と思っていたこともありました。それでもがんばって続けていると、これまで生理痛がきつく、必ず薬を飲んでいたのが飲まなくてもやり過ごせるほど楽になりました。
また、半年ほど続けていると妊娠がわかり、今度はマタニティヨガに移りました。こちらでは、マタニティ友だちがたくさんでき、先に出産された方の話を聞いたりできたので、初めての妊娠でも出産を楽しみに快適に過ごすことができたと思います。
今は産後ヨガに通っています。普段子どもの世話や家事に追われ、ゆっくりと落ち着いた時間が持てないのでこのヨガの時間はとても貴重です。家でも、寝る前にいくつかポーズを練習してから寝ると朝までぐっすり眠れるような気がします。(子どもが夜中に起きなければの話しですが・・・笑)
今後も子どもの元気に負けないパワーをヨガでチャレンジしていきたいです。

(元マタニティクラス) Y.N
 友人よりマタニティヨガの評判を聞き、妊娠四ヶ月から約半年間、中田先生にお世話になりました。
 最初の頃はお腹も大きくなかったので、身体の為と言うよりかは、同じ妊婦さんとの触れ合いに精神的な癒しを求めて通っていましたが、妊娠後期には悩ましい腰痛や足のツリ、貧血になりやすい体質の改善をかなり助けていただいたように感じました。
 おかげさまで陣痛からは6時間半、昨年11月20日に母子共に健康で無事に初めての出産を経験することができました。毎週教室で繰り返した呼吸法が自然と分娩時に実行できたよぅで、「赤ちゃんにたっぷり空気を送りこむことができたね」と助産師さんも褒めてくださるほどでした。落ち着いて分娩に臨めたのは、いろんな意味でヨガへ通えた効果かだったかなぁと、思い返すと感謝ばかりです。ヨガにはまって毎晩やらずには眠れないくらいになってしまいました…(笑)
はち
posted by nakata at 10:17| Comment(0) | ヨガ体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ヨガ体験談】2010年10月号

ヨガ体験談猫

(一般ヨガクラス) K.M
 これまで運動らしいことは何もしてこなかったので体にいいことをはじめようと思ったのが40代後半。マラソンは苦手、球技も苦手、泳げない、リズムにのせて体を動かすには不器用・・・。と、困っていたときにミニコミ誌の「アロマの香りと癒しの音楽の中でヨガを・・・中田ヨガ教室」の記事が目に飛び込んできました。それから教室に通い始めて6年目です。
ヨガは日常では動かすことの少ない筋肉を使い、背筋がのびて心地よい痛みを感じます。「ほぐし」(ヨガのポーズなどの最後に二人一組で指圧・マッサージなどで体をほぐす行法)が始まるころには滞っていた体中の血液がさらさら流れだし、温かい血液が全身をめぐって心と体が充実した感じです。体の内に目を向け、体の緊張をときほぐす心地よさを感じています。ヨガをはじめて気がつけば、便秘、腰痛、鼻炎が改善され、一度口にするとやめられなかったチョコレートは食べなくなりました。
最近、就寝前にかるく仰向けの姿勢で行う骨盤の運動をするように心がけています。腰痛にいいようです。たたみ一畳の広さがあればどこでもできるヨガは素晴らしいです。

(一般ヨガクラス) M.Y
背筋もできない、体の硬い私。健康のために何か始めなければと思い、中田ヨガ教室の体験レッスンに参加しました。
「ヨガ・・・できるのかなぁ」という不安はありましたが、先生の指導はとてもわかり易く、この日、下半身が引き締まったような(?)感じを覚えました。ヨガを受講後6ヶ月間は、体が痛かったのを覚えています。そのうちに、いつごろからか、不思議なことに気づきました。イライラしなくなったのです。肩こりや腰痛も、以前より感じません。
中田先生のヨガ教室は、骨盤の大切さ・体の仕組みを教えてくださるので、とても勉強になります。心地よい音楽、アロマの香りが加わって、私の脳と体がリラックスします。これからも気持ちのいいこの時間を大切にしたいです。

(元マタニティヨガクラス) O.Y
妊娠7ヶ月目からマタニティヨガを受講しました。妊娠中は足のむくみやつり、便秘などが起こることが多いと聞きますが、ヨガの効果か、そのようなことは全くなく、母子ともに、順調な10ヶ月を過ごすことができました。
いざ、出産という時には、初めて経験する陣痛の痛みがどんなものか不安でしたが、呼吸に意識をむけることで、痛みを落ち着いて迎えられたような気がします。実際、気持ちの上だけでなく、初期の陣痛を逃す呼吸はとっても役に立ちましたし、痛みが強くなってきてからは、必死で呼吸〜っ!!と思っていましたが(笑)そのおかげで、痛みだけにとらわれずに済んだのではないかなーと、今あらためて感じています。
また、出産中、助産師さんにいきみが上手だとほめていただいたときは、分娩代の上でちょっと嬉しくなった私なのでした。ただいま、育児真っ最中ですが、体も心にも効果があると感じたヨガはずっと続けていきたいと思います。

ラベル:体験談 ヨガ
posted by nakata at 10:11| Comment(0) | ヨガ体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ヨガ体験談】2011年3月号

ヨガ体験談猫
(産後ヨガクラス) N.N
産前より10kg以上増加、運動不足を感じていた産後9ヶ月の頃、普段歩く富雄の路地の横手をふと見たことが、中田ヨガとの出会いでした。学生の頃、柔軟だった身体もすっかり硬くなっていて、初めてレッスンを受けた日の晩は、凄くしんどくなり続けていけるのかと不安になりましたが、週に一回通っていくうちに、そのしんどさをだんだんと感じなくなりました。
腹筋力がなかったので、逆さかのポーズ(頭が下で、脚が上のポーズ)は全く出来ず、先生の指示に従い、それをしやすくする壁を使っての逆さかのポーズのレッスンが半年ほど続いたある日、突然壁なしでも出来るようになり、とても驚き、嬉しかったのを覚えています。
健康保持を目的で、産後ヨガコースに入会しましたが、子どもの年齢の近い方が多いので、親子で仲良くしていただき、それもレッスンにかよう楽しみの一つになっています。最近、中田先生から「以前より腹筋力がついてきましたね。」とおっしゃっていただきましたが、まだまだある課題を自分のペースでクリアし、ヨガを続けていければと思っています。

(一般ヨガクラス) N.S
ヨガを始めたころ1歳だった娘が、先日9歳の誕生日を迎え、私のヨガ生活も8年目に入りました。今までお稽古事の続いたことのない私がよくがんばっているなぁと、感慨深い今日この頃です。
ヨガを始めるまでは脂っこい食事が大好きで、週に2回はフライや天ぷらを食べ、小腹が減ったといってはドーナツを買いに走る毎日でしたが、ヨガを始めることが食生活を見直す良い機会となり、今では暴食することは少なくなりました。またO脚コンプレックスで、いつも靴底の外側ばかりすり減っていたのですが、ヨガを始めて数年で、ほとんど気にならなくなりました。最近では「姿勢が良いね。」とほめられるようになり、ヨガの効果を実感しています。
8年の間にずいぶん環境が変わり、生活も忙しくなってきましたが、これからも私らしく無理せず続けていきたいなと思っています。

(マタニティヨガ〜産後託児付きヨガクラス) Y.K
妊娠7ヶ月からマタニティヨガを受講しました。猛暑の夏で外に出ることも運動する事も億劫だったので、アロマの香りと癒しの音楽の中でするヨガは、とても気持ちよく、お腹の子どももヨガ中よく動いていました。また、妊娠中、便秘と足のつりがよく起こっていましたが、ヨガを受講後は改善されました。
入院時は、弱い陣痛で普通にご飯を食べていて、助産師さんにも「初産婦だから時間かかるかもね。」と言われていましたが、破水から陣痛が始まること2時間半の超スピードで安産でした。陣痛中はヨガで習ったいきみ呼吸法を思い出し行なう事で、痛みだけでなく呼吸に意識を向けられたと思います。マタニティヨガをしたことで、心も体も充実したマタニティライフを送ることが出来ました。
今は育児で大変な毎日ですが、気分転換も兼ねて産後3ヶ月から産後ヨガを受講し、ヨガを続けています。
ラベル:ヨガ 体験談
posted by nakata at 10:06| Comment(0) | ヨガ体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ヨガ体験談】2011年8月号

ヨガ体験談猫

(元マタニティヨガ〜産後ヨガクラス) M.Y
高齢出産に多少の不安があったこと、また、仕事が産休に入り時間ができる為、自分のリフレッシュタイムを持ちたかったこと、それがマタニティヨガを受講したきっかけでした。お腹の子どもの胎動を感じながらのレッスンはとてもリラックスでき、1時間15分があっという間。普段の生活も浅くなっていた呼吸が深呼吸を意識するようになり、ひどかった足のむくみも改善されました。
陣痛がいきなり10分間隔で始まると、そこからは腰と恥骨のあたりの激しい鈍痛との戦い。痛みを少しでも和らげようと、レッスンで学んだ呼吸法やポーズを思い出し、試みた結果、最初の陣痛から8時間で無事に大きな男の子を出産しました。
育児で「背中が痛い」「腰が痛い」と常に言っていた毎日ですが、産後3ヶ月で始めたヨガのおかげで、その痛みが週1回でもほぐれている感覚です。今後もヨガを続けて、心も体もほぐしていきたいと思っています。

(一般ヨガクラス) O.K
運動不足が気になりだし、40歳過ぎて代謝も悪くなってきたと感じていた2年前の私。
何か始めたいと思っていたところ、ちょうど会社の同僚が中田ヨガに通っており、体験に誘ってくれました。体がもともと硬く、不安もありましたが、私は1回の体験で、みるみるヨガの魅力にはまり、やってみようと決意しました。ヨガを始めて3ヶ月目、便秘が改善されるようになり、半年目には、生理周期が安定するようになったのです。更に、生理前の不快感が緩和され、生理痛も改善されました。さらにさらに、肩こりも軽くなり、周囲の人から姿勢が良くなったねと言われ、冬に靴下を履いて寝ていましたが履かなくなったり、まだまだヨガを始めてから私の体には嬉しい異変がたくさん起こるようになったのです。
今まで習いものは長続きしなかったのですが、ヨガを始めて1年半になり、これからも続けていこうと思います。ヨガで更年期障害も乗り越えていこうと思います!

(一般ヨガクラス)M.Y
ヨガをすると気分爽快になります。何度聞いても覚えられないアサナ(ポーズ)の名前が耳に心地よく響きます。ヨガを始めて4年、楽しみながらのレッスンは今も変わりません。運動不足で股関節が硬くなり、動かすと痛む悩みに困っていた時、体験に行く友人に急遽便乗して中田ヨガに出会いました。通い始めたころは足が上がらず2階の教室までの階段が辛く、礼拝体操では、脚が前後に開かずふらふらし、吸って吐いての呼吸がわからず息を止めすぎて酸欠気味になるお粗末な達成度でしたが、先生の「週1回3ヶ月頑張れば実感できます」のお言葉を信じて半年たった頃、階段は一気に昇れ、股関節は痛みもとれ滑らかに動き、あきらめていた浮腫もとれ、身体がリセットされました。先生は毎週体調を尋ねてくださり、「マイペースで」と励ましてくださったので続けられたのだと思っています。体のしなやかさをいつまでも保ち、生活の一部になるぐらいに極められたらと、これからも続けていくつもりです。


ラベル:体験談 ヨガ
posted by nakata at 10:01| Comment(0) | ヨガ体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特集】「心の法則」で幸せに!

東日本大震災が発生して丸1年が経とうとしています。復興は始まったばかりで、たくさんの方々がまだまだ苦しまれています。また、世界規模で、自然災害が起こったり、経済不況に陥ったりする中、マヤ世紀末予言なるものも出てきて、マスコミから流れるニュースで人々の心は暗く落ち込み、沈みがちです。
そんな中、「思いは現実化する」「成功し、繁栄していくことができる」とうたう『心の法則』が世界中でブームとなっています。特に2007年に発刊された「心の法則」について記された『ザ・シークレット』という本は、全世界で2千万部を超える大ベストセラーになり、映画やDVDにもなりました。日本でも書店には「心の法則」の書籍が並び、名前を聞いたことがある人もいるかもしれません。
今回は、この『心の法則』とは何か?どのように使いこなすのか?本当にこの法則を使いこなせば「幸せになれ成功し、自己実現ができるのか?」という秘密に数回にわたって迫ってみることにしました。この法則を知った時に私たちは何を引き寄せるのでしょうか?


心の法則とは?
『ザ・シークレット』には、「私たちの誰もが、全く同じひとつの法則に導かれている」「人生であなたに起きていることは、全てあなたが引き寄せている」「あなたが、思い、イメージすることがあなたに引き寄せられてくる」と書かれています。また、似たような心の法則として100年も前にイギリスの哲学者ジェームス・アレンが書いた『「原因」と「結果」の法則』にも同じように目に見える物質の世界においても、目に見えない心の世界においても常に絶対であり、揺らぐことがない」「心はそれ自身が密かに抱いているものを引き寄せます」「良い思いは良い実を結び、悪い思いは悪い実を結びます」とあります。
つまり、『心の法則』とは「全ての人間に平等に普遍の法則があり、それは、良いことも悪いことも自分自身が引き寄せている」ということなのです。

心の法則のメカニズムとは?
●与えるものは与えられる(何をもらうかではなく、自分のできる事を何か人に与えることにより、与えるほどに幸運があなたにめぐってくるという法則)
人に対して「優しい心」「美しい心」「善なる心」にいつも向いているならば、幸福な人生を引き寄せることができる。逆に、「憎しみ」「怒り」「嫉妬」「疑いの心」「自己中心」などの心を持ち続けると不幸を引き寄せてしまう。
●思いは現実化する(人が思っていることは、現実に病気や健康な身体などになって物質化するという法則)
常に明るい心、希望に満ちた心を持っている人は、健康を引き寄せる。逆に、いつも暗い心や人を責めたり、自分を責める思いを持っている人は病気を引き寄せてしまう。ガンも病念が現象化したものが多いので、思いをよい方向へ希望を持つことによって消滅していく奇跡もある。
●類は友を呼ぶ(自分と似たような波長の心を持った人を引き寄せる「波長同通」の法則)
心正しく生きようとしている人は、正しい人を引き寄せ、人を害して生きようとする人は、同じような悪い思いを持った人を引き寄せる。

(2012年3月号掲載)

瞑想

〜「心の法則」のポイント〜
☆ なりたい自分のイメージを描く。
☆ 祈りや瞑想で自他ともに幸福に繋がることを願う。
☆ 願いに執着せず、今与えられていることに感謝する。
☆ あとは、現実の努力を重ねる。
※方法として、静かな時間を持ち落ち着いている時にヨガの呼吸法・瞑想・祈りなどで心を鎮め、心が澄んできたときに自分自身を見つめなおすと良い方向に心を引き寄せることができます。
posted by nakata at 09:49| Comment(0) | 特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特集】ストレス解消法 呼吸力

人間はなにも食べなくても水さえ飲んでいれば60日ぐらいは生きていられるといいます。呼吸はそうはいきません。空気のないところでは5分ももちません。息をする事が生きること。呼吸こそが生命の源ともいえるでしょう。

ヨガでは呼吸=生命力であると考えられています。ふだんの生活の中で呼吸は無意識状態です。なぜなら呼吸器官は内臓と同じように自律神経によってコントロールされている為です。意識しないでも自然と働いています。

呼吸の仕方はその人の生き方になり、いわゆる性格にしろ呼吸とみごとに一致しています。怒りっぽい短気な人は呼吸が浅く、ゆったりした呼吸ができないし、ブラス思考で明るく前向きな人はおだやかで長い呼吸をしています。

呼吸力の低下は自律神経の働きが弱まり、満腹感が得られず過食して肥満につながります。また体力も衰えて心理的に不安定になります。こういった現象をあげると現代人の呼吸はますます低下していっています。呼吸力の低下は「いのち」の力の低下につながります。いわゆる平均寿命が高いというのとは別問題です。

浅い呼吸がなぜ悪いか、肺のごく一部しか空気がはいらず肺の上下は使われず肩胸の一部で呼吸をしている。よい呼吸とは・・・それは、「ゆったりとした深い呼吸」です。肺のすみずみまで空気が行き渡り入ってくる空気の量が多い呼吸なのです。

現代人はストレス社会で浅く短く力のない呼吸をする人が増えています。浅い呼吸は癖になります。ストレスがその人の呼吸を浅くしていることが問題です。ストレスがあってもそのストレスを喜びやバネにむけて伸ばしていけばよいのですが、悪い方へ向けていくと病気や異常につながります。吸う息はからだを緊張させ、吐く息はからだをゆるめ、息を止めたときはからだを強めます。吐く息の長さ、強さ、止める息の長さが健康度を示します。

緊張しょうと思ったら吸う息に力を強くいれて行い、くつろごうと思ったら吐く息をゆっくりと長く行うとよいです。呼吸が整えばこころもからだも整います。呼吸が整えば肋骨が整い、肋骨と骨盤は関係し合ってるので骨盤が整い姿勢が整います。また呼吸を司る自律神経を意識的に調整することで全体の自律神経をコントロールして心の安定につながります。息をよく吐けば多くの吸ができ体内に酸素が多くなり栄養力、神経力ともに高まります。意識的に吐く息に力を入れて強く長くすることが、自然治癒力(自然に治る力の働き)を高めるポイントになります。

ヨガでは呼吸法をプラナヤマといいます。プラナとは活力のことで、ヤマとは留めて活用するという意味です。ヨガのポーズを行う時、吐く息を結びつけたものが多いのですが吐く息は不安.緊張.疲労などを緩和します。また吐く息は丹田(下腹部)に力がはいるのでバランスが整い体力がついてきます。まだヨガの経験のない方も鼻から大きくゆっくりと4で吸って、鼻から(しづらい人は口で)6から8ぐらいでゆっくり吐いていく練習をしてください。毎日、朝、昼、夜と10分から15分ぐらいの意識した呼吸の練習をしましょう。

呼吸力(心理編)
心と体はつながっているので心が安定すると体の調子も良くなります。ヨガでは、深い長い呼吸ができるように、心身を整えていきます。教室で呼吸法を身につけ、生活の中で実践していく事が理想です。

ヨガのレッスンでは、動かす、休む、動かす、休む、という風に動静を変化させます。生活の中でも同じ事をやり続けると異常や凝る原因、病気につながります。宇宙のすべてに陰(−)と陽(+)があるように、交互作用が自然界にも個人にもあります。身体的にいうと交感神経と副交感神経のバランスがとれている事が大事です。心も同じことばかりを考えつづけているとノイローゼやうつになります。頭を切り替えて心の向きを変える事が重要です。

心の持ち方で呼吸は変わってきますが、逆に心の向きが変えづらいという方は、呼吸から入るといいと思います。その時に色んな雑念が入ってきますが、それを払いのけようとするのではなく、呼吸に意識して集中するようにします。続けることで徐々に雑念が消えうせ心が安定して落ち着いてくるのです。落ち着いてきたら、冷静な判断で物事を受けとめやすくなり、あるべき姿が見えてくるのです。だんだんと無駄が除かれその分、余分なエネルギーを使うことなく、個人の目的や目標とされるところへ集中、エネルギーがそそがれていくようになります。目的目標が見出せなければ、なりたい姿をイメージして下さい。その練習を続けていきましょう。あるべき姿がみえてくるのも近いはず。
(2010年5月号掲載)
ヨガ 呼吸力
ラベル:ヨガ 呼吸
posted by nakata at 09:44| Comment(0) | 特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ヨガのポーズ】ネコのポーズで腰背部を柔軟に!猫背を改善!

背筋を中心にして全身の筋肉の凝りをとりのぞく効果があります。
背骨から骨盤を柔軟に保つポーズなので、骨盤のズレによる腰痛をなによりも改善していきます。
猫はしきりにあくびをしながら気持ちよく伸びをするが、あれが猫の「若返り健康法」なのです。
四つんばいになることにより直立姿勢による内臓下垂や腰への負担を軽くする。神経の安息、全身のひきしめによいです。猫のように自然体に戻りたいですね。
(2010年5月号掲載)
ねこのポーズ

【効 能】
腰背部を柔軟にし、猫背を改善します
ラベル:ヨガ ポーズ
posted by nakata at 09:40| Comment(0) | ヨガのポーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ヨガ体験談】2012年3月号

ヨガ猫
(一般ヨガクラス) A.N
30代後半から急激に体力、筋力、ホルモン分泌が低下し、外見もみるみる老化していくのを感じて引きこもりがちになっていた1年前に、会社の先輩に誘われて中田ヨガに出会いました。
最初は体も硬く、毎週筋肉痛でしたが、半年ほどたった頃、体に変化が見られたのです。最初できなかったポーズがいつの間にかできるようになり、体がとても軽くなりました。3年で10kgも増えた体重もいつしか6kgの減量に成功!体のむくみもいつしか解消し、かなり引き締まってきたのです。週1度のレッスンでは、物足りず、毎日朝10分、夜30分必ず家でも行うようにしています。ちょうど1年経ち、今ではヨガの最高のポーズである逆立ちもできるようになりました。逆立ちは心身全てにおいて、効果てきめんです。重力に負けていた体がとても軽くなり、メンタル面でもとてもポジティブになれます。垂れたフェイスラインもあがり、足腰は軽く、心地よい睡眠も取れます。まさに最高のポーズです。さらに美しく、そして、いずれは壁を使わずに逆立ちが出来るように目下トレーニング中です。

(産後ヨガクラス) Y.E
通っていた産婦人科でyoga通信を目にし、中田ヨガを知りました。マタニティヨガに興味を持ちつつも仕事のスケジュール的に断念。通い始めたのは産後8ヶ月のときでした。馴染みのない土地で知り合いもおらず、家にこもりっきりでの育児に少々疲れを感じていた私には息子を託児所に預け自分の身一つで動けることだけでも革命的でした。
ヨガをすることにより一週間分の凝り固まったものがほぐれていき心も体もリラックスすることができます。ヨガを続けることで、産後1年ほどで生理周期が整ったり、仰向けになるだけで感じていた腰の痛みが改善されたりしました。これも産後の体の回復によいポーズを受けたおかげかと思っています。最初はポーズをとるだけで、精一杯だったのが、今では呼吸を意識して集中できるようになり、自分の中での成長も感じています。
私の生活サイクルになくてはならないものになっていますが、もし二人目を授かった際にはマタニティヨガにチャレンジしたいと思っています。

(元マタニティヨガ) N.K
最初の子どもの時、DVDでマタニティヨガを始め、産後は仕事に復帰するまでベビーと一緒のヨガをしていました。そのときに心身ともにリラックスできていたので、第2子の時は、ぜひちゃんとヨガをしてみたいと思い、マタニティヨガのクラスに参加しました。レッスンは全身がほぐれていくようで、首肩や腰のこりなどが改善されました。
陣痛が始まってから出産までは、第2子ということもあって3〜4時間のスピード出産だったのですが、痛みはやはり激しいもの。でも、ヨガで行っていた呼吸法を思い出しながら行うことで、自分なりにうまく陣痛の波にのり、無事元気な男の子を出産することができました。
産後、ヨガは3ヶ月から開始しました。腹筋のなさには自分でも驚きましたが、回数を重ねるうちに少しずつ行えるポーズも増えてきました。腰痛も楽になり、体も温まるように感じます。子どもの抱っこのつらさも減りました。これからも続けて心身ともにバランスのとれた生活を送りたいと思っています!


posted by nakata at 08:13| Comment(0) | ヨガ体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ヨガのポーズ】ラクダのポーズ(ウシュトゥラ アサナ)頭痛・腰痛・胃腸痛を改善!

ウシュトゥラとは「らくだ」のことです。
肋骨(ろっこつ)を左右に開き、背中を伸ばし、ももを前方に伸ばしながら後ろにそります。
(ももは床と垂直に保つ)
猫背に効果があり、背骨全体が伸びるので背中の調子が整い、脊椎(せきつい)の異常や腰痛に効果的です。
胸を開くので、胸への血行がよくなり、呼吸が楽になるポーズです。
反らせることにより、食欲もコントロールします。
(2010年1月号掲載)
rakuda.png

【効 能】
頭痛・腰痛・胃腸痛を改善します
posted by nakata at 07:08| Comment(0) | ヨガのポーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ヨガのポーズ】ねじりのポーズ(アルダ マツエンドラアサナ)腰痛・生理異常・便秘を改善!

アルダはボン語で半分と言う意味でマツエンドラはヨガの創始者の名前です。
背筋の左右アンバランスを正し、ねじることにより背骨と内臓の位置異常を修正します。
腰痛、背筋痛、生理痛の方に効果があります。
また、ねじりにより腸が刺激され快便に。
腹部とウエストをひきしめバストとウエストのバランスを整えます。
背骨と背骨の間の椎間板をひきのばして身長も伸びて姿勢が整います。
(2009年5月号掲載)
nejiri.png

【効 能】
腰痛・生理異常・便秘を改善します
ラベル:ヨガ ポーズ
posted by nakata at 07:02| Comment(0) | ヨガのポーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特集】ストレスを解消する! 整理整頓 編

空間には「力」があります。気持ちが落ちている時は掃除する力や、整理力が落ちて汚れてきます。汚く散らかった空間は、心をすさませます。本当は、汚い部屋よりきれいな部屋に住みたいと思っているはずなのですが、汚いところに住んでいると、いつも心の中で「片付けなきゃ、片付けなきゃ」とストレスを抱えてしまいます。

たとえ苦しい思いをしても一度手放してみる
「なかなか物が捨てられなくて」という人も多いはず。まずは、袋を3つ用意し、「いるもの」「いらないもの」「もしかしたらいるかも」を分けます。そして「いるもの」は、決められた場所に戻すか、場所を決めて収納します。「いるもの」と判断した場合でも量が多すぎる場合は、そこでふるいにかけ、必要量だけを残します。「いらないもの」「もしかしたらいるもの」は、捨てます。もしかしたらという時はほとんど来ません。家の中がきれいに片付いたら買い物に行った先で考えます。「これは、本当に必要かな?」と。

片付けは、その人の心の傾向性(くせ)や価値観とからんでいるので、いきなりやるとダイエットの時のようにリバウンドすることがあります。一気に片付けても、心がそのままでは、結局またモノが増えてくるからです。
「何が必要で、何が不必要か」を自分の心の幅ではっきりさせていき、それをいかに、自分でコントロールで
きる量まで抑えられるか。これがある程度できないとリバウンドしてしまいます。どこに何をしまうか(場所)、どれだけしまうか(量)どのように動くか(動作)を決めて「整理整頓」を習慣化してしまいましょう。

物は使ってこそ生きてくる
大事に死ぬまで持っていても使っていなければ損です。活用しなければ持っているという安心感
だけでは意味を成していません。持っていることでスペース的にもストレス的にも損をしているそ
こに気がつかないことが多い。まず、その「もったいない」が自分を不幸にしていることに気づく
ことです。「持っていても実は損をしているんだ」と心の底までわかってくると楽に捨てられるよ
うになります。

整理整頓をすると家の中のものがシンプルになる
例えば、洗剤は用途別に分けず、重曹とクエン酸、粉石けんだけで、家中の掃除にも洗濯にも使います。食料品も調味料は醤油、酒、酢、みりんなど、上質のものが最低限あればそれでドレッシングなども作れ、地球にも体にもやさしい生活が送れます。
つまり、地球や体にやさしい生活を心がけると、持たなければならないものも自然と数が減ってシンプルになり、片付けも面倒でなくなるのでは?整理整頓は大の苦手!という人にこそ、ぜひエコなライフスタイルをおすすめしたいと思います。
地球と体にやさしい生活を続ければ、内面にも自然と意識が向いて、ヨガの効果がより期待できる精神につながるのではないでしょうか。

ワンポイントアドバイス
整理整頓は心とかかわりがある問題です。悩みや問題もはっきりさせましょう。何が必要(今、考えなくてはならない事)で何が不必要(考えてもはじまらない事)か?不必要は捨て、必要なところは整えていきましょう。(2008年12月号掲載)

整理整頓術
posted by nakata at 06:57| Comment(0) | 特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特集】ストレスやうつを解消する!

◆ うつに関わるホルモン「セロトニン」
セロトニンは、「癒しのホルモン」と呼ばれ、興奮を抑えて心を穏やかにさせるホルモンです。嫌なことがあった時に心身を癒すためにセロトニンが大きく働きます。
うつ病になる人は、このセロトニンが不足しているというデータがあります。ストレスや心配事があったあとに、このセロトニンが大量に消費され、体内のセロトニンの量が急激に少なくなり、うつになりやすくなるといわれています。

◆ ホルモンの分泌を司る「自律神経」
セロトニンを含む様々なホルモンの分泌を司どる「自律神経」は、「交感神経」と「副交感神経」がシーソーのように働き、太陽の光を浴びたり、気温の変化を感じることで自律神経のシーソーを活発化させ、ホルモンの分泌を促進します。また、筋肉運動も自律神経を活発化させます。運動をせず、筋肉を使わないと血液循環がうまくいかず、老廃物が溜まり、体の免疫力が低下気味になって、体温が下がり、自律神経も働かなくなります。

◆ イギリスと日本のうつの違い
イギリスは冬場、日照時間が日本に比べると短くうつになりやすいと言われています。しかし、日本とイギリスでは、自殺者が日本の方が比べものにならないぐらい多いと言われています。イギリス人はリラックスして楽しむ方法を心得ています。実際にイギリスでは就業時間どうりに仕事を終えて、余暇をうまく楽しんでいる人が多いです。長期のホリデーで外国へ行ったりなど。また、公園などが都会の中にもありリラックスする所が多くあります。日本人は仕事に追われて、休む暇が乏しいです。リラックス法もうまくありません。
リラックスする事ができないと交感神経が優位になり不眠やストレスが溜まりやすくなります。
それから心の悩みが交感神経緊張をもたらし病気の最大原因につながります。心をみつめてヨガの瞑想などで静かな時間を持つように心がけましょう。10分でも15分でもいいですね。

◆ うつを予防する3つのキーワード
1. 戸外に出て太陽の光を浴びる
2. 一日20分から30分の筋肉運動をする。
3. 生活の中にゆっくり複式呼吸し、メディテーション(瞑想)する時間をとる。

うつを予防するためには自律神経の働きを活性化させ「セロトニン」の分泌を促進させる必要があります。また、セロトニンは、「腹式呼吸」や「メディテーション」で働きが良くなり、癒しの効果が高まります。ヨガは、筋肉運動・腹式呼吸・メディテーションを備えています。

◆ お勧めのヨガのポーズは?
表紙の左端上の瞑想(ネコ)のポーズ・・・必ず背中をのばして肩の力を抜く。
尾てい骨運動・・・ひざを外側に曲げて、足裏と足裏をあわせて(がっせきさせ)背中を伸ばしながら上体を左右に揺らす。(尾てい骨から脳に刺激がきて自律神経を高める。)また、脚を開脚したり内股伸ばしは(骨盤を開くと夜の寝つきがよくなる。)ホルモンの働きをよくする。

(2007年9月号掲載)
posted by nakata at 06:50| Comment(0) | 特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特集】先生おしえて!

先生おしえて!
Q.イギリスのヨガと日本のヨガの違いは?

A.ヨガのルーツはインドですがイギリスでは色々なヨガがあります。アイアンガヨガ、アシュタンガヨガ、シバナンダヨガ、ダイナミックヨガETC。なかでもパワーヨガの原型のアイアンガヨガのクラスが多いです。私もイギリスでアイアンガヨガを長年練習してきました。
日本でのヨガとの大きな違いはストレッチが長くポーズそのものにこだわるところです。そしてポーズによって小道具(クッション、ベルト、イスETC)などを使います。日本のヨガではあまりみられません。またイギリスでのヨガは足を開脚させる立ちポーズが主流でそういう意味で筋肉がつきますね。一方、イギリスでは、リラックスのポーズ(シャバアーサナ)を入れてないのに対して、日本でのヨガは仰向けが多くポーズとポーズの間にリラックスのポーズを入れます。
そういう意味でリラックス効果が高まります。修正法やほぐし(指圧、マッサージを2人で組んでする。)があるのも日本ならではのヨガの特長です。
イギリスのヨガと日本のヨガの良い所を取り入れたのが中田ヨガ整美クラブのオリジナルなレッスン内容なのです。

Q. 日本ではヨガに女性が多く参加していますが、イギリスではどうなのですか?

A.イギリスでは男女ミックスクラスで老若を問わずクラスに参加しています。夫婦、カップルで楽しく参加していましたね。男女比率は男4、女6の割合いでしょうか。日本ではヨガは女性中心で仕事の関係もあり男性の参加が非常に少ないです。たまに男性もヨガができますか?という質問も過去ありましたが・・・。男性は数がまとまらないのも現状です。日本では男性専科でクラスを開いている所もあります。

(2007年9月号掲載)
ラベル:先生教えて
posted by nakata at 06:47| Comment(0) | 特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ヨガのポーズ】ハトのポーズ(カポータ アーサナ)で首肩こり改善・全身ひきしめ・明るい気分に!

カポータというのは『鳩』を意味します。内臓の機能を促進させ、お腹、ウエスト、お尻の周りをひきしめます。また腰椎のねじれを修正し、ホルモンを正常化し、肩こりを治します。生理痛や生理不順などにもよいポーズです。
足を開く時は、左右の足のラインが一直線になるようにし、肘の内側につけた足先で肘を少し後ろへ押しやるようにします。背骨を伸ばして胸を張り、お尻を引き締めるイメージで。
(2007年9月号掲載)
ハトのポーズ

【効 能】
首こり・肩こり・全身ひきしめに効果あり・明るい気分になります
ラベル:ヨガ ポーズ
posted by nakata at 06:43| Comment(0) | ヨガのポーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特集】先生おしえて!ヨガを取り入れた快適な日常生活の過ごし方や気になることを中田先生に聞いて見ました。

Q.最近、体重が増えてきたので、やせるためのポーズを教えてください。

A.どのポーズにも、やせる効果があります。特にあげるとするなら、弓のポーズやアーチのポーズがいいでしょう。太る傾向にある人は、骨盤が開きっぱなしになっている場合が多いので、骨盤を閉めるポーズも効果があるでしょう。背筋を後ろに反らせたり、ねじったりするポーズは交感神経の働きを高め、身体全体を引き締めます。

Q.食べ物にも気をつけているつもりなのですが、それでも体重が増えます。

A.たくさん食べても太らない人がいるのは、体型的な問題で、人間の体も広がる力と締める力のバランスが出来ていて、体系的に広がる力が強いと太ります。逆にしまる力が強いと痩せます。筋肉も伸縮のバランスが緩む方にかたよれば太りやすく、縮む方にかたよれば痩せます。ヨガのポーズと呼吸法はいずれもそのバランスをとり、高める効果があるので、太りすぎ、痩せすぎることなく理想の体系に近づけます。また、単に痩せるだけではなく、そのバランスを保ち、その人にふさわしい体重を維持することが大事です。規則正しい生活をこころがけ、日常生活にヨガを取り入れて健康に保っていければよいですね。

(2007年1月号掲載)
ラベル:先生教えて
posted by nakata at 06:39| Comment(0) | 特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ヨガのポーズ】スキのポーズ(ハラ アーサナ)で神経痛・リウマチを改善・首のねじれを修正!

背中の筋肉が伸び、背筋を柔軟にします。また腹部が収縮されるので、便秘効果が高いです。特に頚椎〜背中のズレ、歪みが正されます。甲状腺を活発にさせ、若返りのポーズとして代表されます。
美容面では、背中と腹部と足のぜい肉をとりすっきりした体型になります。心理面では脊椎が強化され、疲労が除かれるので気分が充実します。

※ハラとはボン語で“スキ”の意味で、インドの“鋤”に似ているところから名付けられました。
(2007年5月号掲載)
スキのポーズ

【効 能】
神経痛・リウマチに効果あり・首のねじれを修正します
ラベル:ヨガ ポーズ
posted by nakata at 06:27| Comment(0) | ヨガのポーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特集】先生おしえて!ヨガを取り入れた快適な日常生活の過ごし方や気になることを中田先生に聞いてみ見ました。

Q.ヨガをする時の心構えを教えてください。

A.ヨガの目的の一つは、ストレスを取り除き、自己を高めていくことです。そのため、ポーズをしているときは、他人と比べないで、自分の内面に意識を向ける党にしてください。ポーズに集中すれば、頭も空っぽになり、自然とストレスも取れていきます。そして、そのポーズをしている間、どこに効いているか、痛気持ちよいとこでもよいし、またはそのポーズが焦点となる所(指圧でいうツボ、ヨガでいうナディ)に集中します。ヨガを続けることにより、自らの体の声が聞こえてくるようになります。”ここをもう少し刺激して動かして下さい。”というような・・・。そのようになれば、あなたはヨガ的体質に近づいてきたということになるでしょう。

Q.呼吸法について教えてください。

A.レッスンの最後に、取り入れている呼吸法は、胸複式呼吸を繰り返し、息を整え、杯に十分な酸素を送り込む方法です。とくにヨガでは吐く息が大事で、深く長く吐けるように練習します。
たとえば、4を数えて息を吸い、4を数えて息をとめ、8を数えてゆっくりと息を吐く。吐く息に集中して、これを何回か繰り返すと、普段の呼吸では、肺の30%〜40%にしか酸素がいきわたりませんが、80〜90%の深い呼吸が可能になり、充分な酸素を身体に取り込むことができます。呼吸法は、酸素を羅要に送り込み、自立神経を調整し強化させるので、なによりもストレスの苦痛から開放され、精神的な安定を得ることができます。呼吸法をしやすくするために、ヨガのポーズ(アサナ)をしっかりと練習していきましょう。

Q.寝つきが悪いのですが、どうすればよいでしょうか?

A.寝る前に、10分程度、呼吸法を行なうことで、精神的に安定して、よい眠りに入っていくことができます。ヨガに慣れている方なら、眠る30分ぐらい前に逆立ちのポーズをして、1から50までゆっくりと、数を数えてみるのもいいですね。頭のてっぺんにある睡眠のツボが刺激され、睡眠の室が高まります。呼吸法やポーズをすることで集中できるので、雑念をとりはらい、リラックスして睡眠に入ることができます。
また、日中に戸外で太陽の光をたくさん浴びると、夜にメラトニンというホルモンの分泌が多くなり、熟睡することができると言われています。
睡眠障害は、日中に戸外で太陽の光をたくさん浴びると、夜にメラトニンというホルモンの分泌が多くなり熟睡することができると言われています。
睡眠障害は、日中に浴びる太陽の光の不足が影響している場合は多いです。
そういう方は、日中、戸外で活動するよう心がけましょう。

(2006年9月号掲載)
ラベル:先生教えて
posted by nakata at 06:14| Comment(0) | 特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特集】先生教えて!ヨガを取り入れた快適な日常生活の過ごし方や気になることを中田先生に聞いて見ました。

Q.ヨガを始めるのにふさわしい年齢はありますか?

A. いつから始めてもかまいませんが、若ければ若いほどよいと言えます。特に40歳すぎたら誰で
も体力が落ちてきます。今は健康だからいいと思っている人もヨガを生活にとり入れる事によっ
て身体の異常を発見できるようになれると思います。今から体力作りをしておくと、40代、
50代それ以降も精神的にも肉体的にも安定した生活を送ることができます。ぜひとも、いろん
な方にヨガを始めていただきたいと思っています。

Q.自宅でヨガをするのに望ましい時間帯はありますか?

A. 朝、食事前が最も空気も体も新鮮な時で適しています。ポーズを行う時は、空腹時がよいので
す。軽めの食事ならば2〜3時間後、しっかり食べた後は4〜5時間ほどあけてから行いましょ
う。時間がない時は、昼・夕食前でも結構です。就寝前なら30分程前に軽めに行って下さい。

Q.風邪をひきやすいのですが、予防するためのポーズはありますか?

A. 風邪は年に1、2回仕事などで無理をしすぎるとひくことがあります。そんな時は、「少し休みな
さい」という信号なのです。それで次に出てくるポーズで整え、休養がなによりも必要な時だと
受け止めてください。風邪にはアゴをひきよせる逆サカのポーズ、胸をそらせるポーズ例えば、
魚(ポーズ紹介参照)、弓、コブラのポーズなどがよく効きます。慣れている方は、逆サカ、逆立
ちのポーズなどをお勧めします。逆立ちのポーズは万病に効くといわれている最高のポーズです。
ただし、どのポーズも毎日の練習が必要です。

Q.よく頭痛がするのですが、頭痛に効くポーズはありますか?

A. 頭痛は首、頭の筋肉が収縮している為に生じる事が最も多く、
ストレスからくる事もあります。偏頭痛などは脳への血流が
原因しています。頭痛持ちの方には逆立ちがよく効きますが、
頭痛になってからしても逆効果です。普段から行いましょう。
逆立ちの出来ない人は前屈とか魚、スキ、逆サカのポーズ等がよいです。
(2006年4月号掲載)
posted by nakata at 05:40| Comment(0) | 特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。